現在の位置

平成30年4月から国民健康保険制度が変わります!

 国民健康保険制度は、加入者の年齢構成が高く、医療費が増え続けていること、小規模市町村では国民健康保険の財政運営が不安定であることなど、構造的な問題を抱えています。国民健康保険制度の維持にあたり、平成29年度まで国民健康保険は市町村ごとに運営していましたが、「持続可能な医療保険制度を構築するための国民健康保険法等の一部を改正する法律」の成立により、平成30年度から大阪府も加わり、市町村とともに国民健康保険を運営していくことになりました(国民健康保険の広域化)。国民健康保険の財政運営の責任主体が市町村から大阪府に変わりますが、市町村は各種手続きの窓口を引き続き担当します。

大阪府と市町村の役割分担

 

大阪府の主な役割

市町村の主な役割

財政運営

財政運営の責任主体

国保事業費納付金を

大阪府に納付

資格管理

国保運営方針に基づき、事務の効率化、標準化、広域化を推進

地域住民と身近な関係の中、資格を管理

保険料の

決定

賦課・徴収

標準的な算定方法により、市町村ごとの標準保険料率を算定・公表

・標準保険料率を参考に保険料率を決定

・賦課及び徴収

保険給付

・給付に必要な費用を全額市町村に対して支出

・市町村が行った保険給付の点検

・保険給付の決定

・個々の事情に応じた窓口負担減免等

保健事業

市町村に対し、必要な助言・支援

被保険者の特性に応じたきめ細かい保健事業を実施(データヘルス事業等)

                                                                         (厚生労働省資料より)             

 

制度改革の経緯と概要については、厚生労働省ホームページをご覧ください。

持続可能な医療保険制度を構築するための国民健康保険法等の一部を改正する法律について

平成30年4月から国民健康保険制度が変わります(PDF:820.5KB)

現在、大阪府と府下市町村で構成される「広域化調整会議」で制度詳細について協議・検討が進められています。

大阪府HP「医療保険制度に関すること」

 

広域化による変更点

1.保険証などの様式が変更になります

 各証(保険証、高齢受給者証、限度額認定証等)の平成30年度の一斉更新時より新たな様式で発行します。一斉更新までは従来の証をそのままご使用いただけます。

2.資格管理が都道府県単位となり、高額療養費の通算方法が変わります

 医療費の自己負担が高額になった場合、年齢や所得に応じて定められた自己負担限度額を超えた分が支給される制度(高額療養費制度)がありますが、1年間のうちに高額療養費の支給が4回以上あった場合、多数回該当として自己負担限度額を低くして計算します。従来、違う市町村に転入や転出をした場合、一旦資格がなくなるため、該当回数を通算することができませんでしたが、同一都道府県内での転居の場合、資格管理が都道府県単位となるため、世帯の継続性が保たれていれば、該当回数を通算できるようになります。

高額療養費多数回該当の判定について(PDF:40KB)

◎国民健康保険の窓口業務や保険証、保険料の納付書の送付元は今までどおり河南町が行います。

お問い合わせ
住民部 保険年金課
〒585-8585
大阪府南河内郡河南町大字白木1359番地の6
電話番号:0721-93-2500(内線:130・131・132)
ファックス番号:0721-93-4691
E-mail:hoken@town.kanan.osaka.jp
お問い合わせフォーム

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。