現在の位置

知っていますか 後発医薬品(ジェネリック医薬品)

後発医薬品(ジェネリック医薬品)とは

後発医薬品(ジェネリック医薬品)とは、先発医薬品(これまで使われてきた新薬)の特許が切れた後に、医薬品メーカーが製造・販売する医薬品です。

 

後発医薬品の利点

低価格

開発費用が抑えられることから、先発医薬品に比べて価格が安くなります。後発医薬品の利用は、医療費負担の軽減や医療保険財政の改善にもつながります。

同じ有効成分

国からの承認を得て、先発医薬品と同じ成分と方法で作られ、販売されています。

後発医薬品についての疑問

どのようにしたら切替えられるのか。

まずは、かかりつけの医師や薬剤師に「後発医薬品に替えられないでしょうか」とご相談ください。ただし、服用中の薬に後発医薬品がない、後発医薬品の在庫がない、病状により替えづらい、といった理由で切替えできない場合があります。

直接言いづらい。

「ジェネリック医薬品希望カード」を保険年金課の窓口でお配りしております。このカードを病院または薬局の受付でご提示いただくと、切替えの意思表示となります。

 

後発医薬品のお知らせ

  • 河南町では、町の国民健康保険に加入しておられる人で、病院や薬局でもらった薬に後発医薬品がある人に、「ジェネリック医薬品に関するお知らせ」をお送りしています。現在服用中の薬に後発医薬品があるかどうか、またどの程度薬代が安くなるのかを知る参考としてお使いください。
  • お知らせは切替えを強制するものではありません。また、後発医薬品に切替えられることを示すものでもありませんので、切替えを希望される人は、まずは医師や薬剤師にご相談ください。

 

お問い合わせ
住民部 保険年金課
〒585-8585
大阪府南河内郡河南町大字白木1359番地の6
電話番号:0721-93-2500(内線:130・131・132)
ファックス番号:0721-93-4691
E-mail:hoken@town.kanan.osaka.jp
お問い合わせフォーム