現在の位置

個人番号カードの休日交付を行います

個人番号カード(マイナンバーカード)は原則として本人が窓口で受け取る必要があります。平日の来庁が難しい人のために下記の日程で休日交付を行います。必要書類等を持って住民生活課まで申請者本人がお越しください。また、15歳未満の人または成年被後見人に直接個人番号カードを交付することはできません。必ず法定代理人が同行してください。

証明書発行、住民票異動などの通常業務は行っておりません。

事前の予約が必要です。

8月21日(水)までに電話などで住民生活課へ申込みください。

 

▷日時

 令和元年8月25日(第4日曜日)

 午前9時~正午

▷場所

 河南町役場1階 住民生活課1番窓口


 

本人が受取りに来る場合

必要なもの

交付通知書兼照会書(個人番号カードが役場に届いた人に送付しています。)

・本人確認書類(下記Aから1点、またはBから2点)

・通知カード

・住民基本台帳カード(交付を受けている人のみ)

・印鑑(認め印可)

・暗証番号(4種類)の登録が必要になりますので事前に用意しておいてください。

   1.「住民基本台帳事務用のアプリ」の暗証番号(数字4桁)
  住民基本台帳ネットワークに関する情報の確認のために利用します。
 2.「券面事項入力補助用のアプリ」の暗証番号(数字4桁)
  個人番号や住所・氏名等の情報の確認のために利用します。
 3.「利用者証明書用の電子証明書」の暗証番号(数字4桁)
  マイナポータルへのログイン等に利用できます。
 4.「署名用の電子証明書」の暗証番号(英数字6桁以上16桁以下。英字だけ、または数字だけの設定はできません。)
  e-taxなどの電子申請に利用できます。
※1~3は同じ暗証番号にすることができます。


15歳未満の人の個人番号カードには署名用電子証明書はありません。

申請時に「署名用電子証明書」「利用者証明用電子証明書」のいずれかに不要のチェックをした場合、その電子証明書はありません。

 


 

代理人が受取りに来る場合

病気、身体の障害その他やむを得ない理由により本人が来庁できない場合に限り、代理人にカードの受領を委任することができます。

単に「学業や仕事が忙しい」等の理由はやむを得ない理由と認められていません。

必要なもの

・交付通知書兼照会書(暗証番号を本人が記入し、その上から目隠しシールを貼付したもの)

・本人の通知カード

・本人の住民基本台帳カード(交付を受けている人のみ)

本人の来庁が困難であることを証する書類(診断書、施設等に入所している事実を証する書類など)

代理権の確認書類 

 法定代理人の場合:戸籍謄本その他の資格を証明するもの(同一世帯で親子である

 場合や河南町に本籍がある場合は不要)

 その他の場合  :委任状(交付通知書の委任欄に記入)、本人が代理人を指定し

 た事実を確認できる資料

・本人の本人確認書類(下記Aから2点またはAから1点およびBから1点、もしく

 はBから3点でその内写真付きものが1点以上

・代理人の本人確認書類(下記Aから1点、またはBから2点)

 

本人確認書類については、次のいずれかの原本をご用意ください。

A・・・運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード(顔写真付きのものに限る。)、運転経歴証明書(交付年月日が平成24年4月1日以降のものに限る。)、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳、在留カード、特別永住者証明書、一時庇護許可書、仮滞在許可書、海技免状、電気工事士免状、無線従事者免許証、動力車操縦者運転免許証、運航管理者技能検定合格証明書、猟銃・空気銃所持許可証、特種電気工事資格者認定証、認定電気工事従事者認定証、耐空検査員の証、航空従事者技能証明書、宅地建物取引士証、船員手帳、戦傷病者手帳、教習資格認定証など

B・・・健康保険又は介護保険の被保険者証、医療受給者証、各種年金証書、児童扶養手当証書、特別児童扶養手当証書、生活保護受給者証、住民名義の預金通帳、民間企業の社員証、学生証など(氏名と生年月日又は住所が記載されているものに限ります。)

個人番号カードについて

お問い合わせ
住民部 住民生活課 住民窓口係
〒585-8585
大阪府南河内郡河南町大字白木1359番地の6
電話番号:0721-93-2500(内線:123・124)
ファックス:0721-93-4691
Eメール:jyumin@town.kanan.osaka.jp
お問い合わせフォーム