現在の位置

町税と国民健康保険料の納付にアプリ決済サービスがご利用できます!

町税(町民税・府民税、固定資産税、軽自動車税)と国民健康保険料の納付にアプリ決済サービスがご利用できます。

アプリ決済サービスとは

スマートフォンやタブレット端末を用いた電子決済サービスです。払込票のバーコードをアプリで読み込むことで、いつでもどこでも、お支払いができるサービスです。

 

対象のアプリ

LINE Pay、楽天銀行コンビニ支払いサービス、PayPay、PayB、ゆうちょPay

 

LINEPay(ラインペイ)

スマートフォンアプリ「LINE」の提供する「LINE Pay」の「請求書払い」機能を利用して、納付書に印刷されたコンビニ支払い用バーコードをカメラで読み取ってお支払いいただく方法です。

詳しくは、LINE Payのホームページ(外部リンク)をご覧ください。

 

楽天銀行コンビニ支払いサービス

アプリを起動し、バーコードを読み込むことで、楽天銀行口座から即時決済されるサービスです。詳しくは、楽天銀行コンビニ支払ホームページ(外部リンク)をご覧ください。

 

PayPay(ペイペイ)

アプリを起動し、納付書のバーコードを読み込むことで、あらかじめチャージされた残高の中からお支払いができるサービスです。詳しくは、PayPayのホームページ(外部リンク)をご確認ください。

 

PayB(ペイビー)

 

アプリに登録した金融機関口座から即時に引き落としができるサービスです。

金融機関により、それぞれ専用アプリがありますのでご注意ください。

詳しくは、PayBのホームページ(外部リンク)をご覧ください。

 

ゆうちょPay

アプリを起動し、バーコードを読み込むことで、ゆうちょ銀行口座から即時引き落としされるサービスです。

詳しくは、ゆうちょPayのホームページ(外部リンク)をご覧ください。

 

利用方法

1.スマートフォンなどのモバイル端末に、ご利用希望のアプリをインストールし、チャージまたは口座情報を登録します。

2. 1の登録完了後、アプリケーションを起動しスマートフォンなどのモバイル端末のカメラにより、納付書に印刷されている「コンビニ収納用バーコード」をスキャンします。
3. 支払情報を確認し、画面の表示に従い操作を進めると、パスワード入力画面に切り替わります。パスワードを入力すると支払いが完了し、完了画面が表示されます。

 

 

納付手続きに必要なもの

  • 「コンビニ収納用バーコード」が印刷された納付書
  • モバイル決済アプリをインストールしたスマートフォンなどのモバイル端末
  • アプリケーションのインストール等に関して詳しくは、各社ホームページをご覧ください。

 ※PayBについては、金融機関によって対応アプリケーションが異なりますのでご注意ください。

 

システム使用料

利用者の負担はありません。

 

 

ご利用の際の注意事項

1.領収証書は発行されません。支払い後に通知メール(メッセージ)が送信されます。
 領収証書を必要とする場合は、納付書裏面に記載の金融機関、またはコンビニエンスストア等の窓口で納付してください。

2.アプリ決済サービスは、30万円までご利用いただけます。
※ゆうちょPayの初期設定は3万円が上限です。上限の引上げには別途手続きが必要です。詳しくはゆうちょPayのホームページ(外部リンク)をご覧ください。

3.パソコン・フィーチャーフォン(ガラケー)による納付はできません。

4.クレジットカードからのモバイル決済サービスによる支払いはできません。

5.メンテナンス等により利用できない時間帯があります。
  利用不可能な時間については、各社ホームページでご確認ください。

 

お問い合わせ先

税務課(町民税・府民税、固定資産税、軽自動車税に関すること)

電話番号:0721-93-2500(内線:143・141・140)

 

保険年金課(国民健康保険に関すること)

電話番号:0721-93-2500(内線:132・131・130)