現在の位置

新生児聴覚検査の公費負担がはじまります

河南町では、聴覚障がいのある新生児の早期発見と早期支援を図るため、新生児聴覚検査の費用を助成します。

対象

河南町に住民登録のある平成31年4月1日以降に生まれた生後30日までの乳児

 

検査の受検時期

出生後1か月まで(30日)

※低出生体重児などで長期入院している場合は、修正41週までの間に実施

受検方法

「河南町新生児聴覚検査受検票(兼結果通知票)」を、大阪府内の委託医療機関及び助産所に提出し、受検してください。

・公費負担の上限は、5,000円です。(初回検査のみ)

・健診費用が、公費負担額を上回った場合は、ご本人負担となります。また、下回った場合もお釣りを受け取ることはできません。

・町へ転入した人は、受検票を交付いたしますので、母子健康手帳を持って健康づくり推進課へお越しください。

※里帰り出産などにより、府外で受検される場合は、事前に健康づくり推進課へ相談してください。

 

受診券の交付

妊娠届出時に、母子健康手帳と一緒に交付します。

 

お問い合わせ
健康福祉部 健康づくり推進課 健康推進係
郵便番号585-0014
大阪府南河内郡河南町大字白木1371番地(かなんぴあ内)
電話番号:0721-93-2500(内線:61-122・61-125)
ファックス番号:0721-90-3288
E-mail:kenkou@town.kanan.osaka.jp
お問い合わせフォーム