現在の位置

マダニによる感染症に注意しましょう

夏の気配が感じられる時期となり、野外でのイベントや山登りなどを計画されている方も多いかと思います。

人の活動が活発になるように、春から夏にかけては、マダニの活動が活発になってきます。

例年、野山でマダニに咬まれて、「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」や「日本紅斑熱」などの病気になった例が全国的に報告されています。大阪府内においても、昨年、5名の方がマダニに咬まれたことで「日本紅斑熱」に感染した報告があり、今年も4月に1名の方の報告がありました。

これらの感染症にかからないためには、まず、マダニに咬まれないように対策をとることが大事です。

SFTSウイルスの特徴

  • ウイルスを保有しているマダニに咬まれることによって感染するといわれています。
  • また、中国では、患者の血液や体液との直接的接触による感染も報告されています。
  • ウイルスを保有しているマダニに咬まれた後、6日から2週間程度の潜伏期間を経て、主に発熱、消化器症状(食欲低下、嘔吐、下痢、腹痛)が出現します。
  • 時に頭痛、筋肉痛、神経症状(意識障害、けいれん、昏睡)、リンパ節腫脹、呼吸器症状(咳など)、出血症状(紫斑、下血)を起こします。

マダニとは

マダニ類は、固い外皮に覆われた比較的大型(吸血前で3~4ミリメートル)のダニで、主に森林や草地等の屋外に生息しており、市街地周辺でも見られ、全国的に分布しています。

マダニに咬まれないために・・・

  • 草むらややぶなどに入るときは、長そで、長ズボンを着用し、肌の露出を少なくしましょう。
    *隙間からマダニなどが入り込まないような服装を心がけましょう(裾を長靴に入れる、靴下をズボンの上に重ねるようにして履くなど)。
    *靴や服の上から虫除けスプレーをかけることは効果があります。
  • 家に入る前に上着や作業着などを脱ぎ、マダニなどを家に持ち込まないようにしましょう。
  • 草むらから帰った後は、すぐに入浴し、体にダニがついていないか確認しましょう。

マダニに咬まれたら・・・

  • マダニは、皮膚に口を突っ込んで吸血するので、無理に引き抜くと口先がちぎれて体内に残ります。吸血中のマダニに気がついたときは、早めに医療機関で処置してもらってください。
  • マダニに咬まれた後、数週間は体調の変化がないか注意し、発熱等の症状があった場合は、医療機関へ受診してください。受診の際には、マダニに刺されたと担当医師に必ずお伝えください。

マダニが媒介する感染症

  潜伏期間 症状
重症熱性血小板減少症候群
(SFTS)
6から2週間 発熱、消化器症状、全身倦怠感など
日本紅斑熱 2から8日 発熱、頭痛、全身倦怠感など

マダニ対策関連サイト

(国立感染症研究所)マダニ対策、今できること

(厚生労働省)重症熱正血小板減少症候群[SFTS]について

(大阪府)マダニによる感染症に注意しましょう!

お問い合わせ
健康福祉部 健康づくり推進課 健康管理係
郵便番号585-0014
大阪府南河内郡河南町大字白木1371番地(かなんぴあ内)
電話番号:0721-93-2500(内線:61-123・61-124)
ファックス番号:0721-90-3288
E-mail:kenkou@town.kanan.osaka.jp
お問い合わせフォーム