現在の位置

令和2年度の熱中症予防行動

気温の変化が大きいこの時期から、熱中症を発症する人が増加します。また、新型コロナウイルスの出現に伴い、マスクを着ける機会が増え、これまでよりもさらに熱中症になる危険が高まります。
「私は大丈夫!」と思わず、熱中症を予防することが大切です。

熱中症とは?

高温多湿な環境に長くいることで、徐々に体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体内調整機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもり、熱中症を発症します。

また、新型コロナウイルス感染症対策のため、マスクをつけて過ごすことで、熱が体内にこもりやすく、さらに水分補給の機会が減少するため熱中症のリスクが高くなります。

特に高齢者や乳幼児は、周囲の人たちの十分な配慮が必要です。

正しい知識を知り、熱中症対策を心がけましょう!

新しい熱中症予防対策をしましょう

1.室内でも、部屋の温度をこまめに確認し、扇風機やエアコンで温度を調整しましょう。

2.外出は暑い日や時間帯を避け、涼しい服装で日傘や帽子を活用しましょう。

3.マスクを着用している場合は人との距離を十分確保して(2メートル以上)、適宜はずして休息しましょう。

4.のどが渇かなくても、こまめに水分補給(1日あたり1.2リットルが目安)をし、汗をかいた時は塩分の補給を忘れずにしましょう。

5.少しでも体調に異変を感じたら、涼しい場所に移動し水分を補給しましょう。

6.日ごろから体温測定、健康チェックをし、体調が悪い場合は無理せず自宅で療養しましょう。

7.睡眠や栄養をしっかり取り、暑さに備えた体力づくりをしましょう。

8.3密(密集、密接、密閉)を避けつつも、熱中症になりやすい高齢者、子ども、障がい者への目配り、声かけをするようにしましょう。

環境省・厚生労働省「令和2年度の熱中症予防行動」(PDF:778.4KB)

厚生労働省「令和2年度の熱中症予防行動の留意点について」

熱中症関連リンク

大阪府「こわいんやで熱中症!!」 (外部リンク)

日本気象協会推進『熱中症ゼロへ』プロジェクト(外部リンク)

環境省「熱中症から身を守るために」 (外部リンク)

お問い合わせ
健康福祉部 健康づくり推進課 健康管理係
郵便番号585-0014
大阪府南河内郡河南町大字白木1371番地(かなんぴあ内)
電話番号:0721-93-2500(内線:61-123・61-124)
ファックス番号:0721-90-3288
E-mail:kenkou@town.kanan.osaka.jp
お問い合わせフォーム

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。