現在の位置

車中等で過ごされる方々の深部静脈血栓症/肺塞栓症(いわゆるエコノミークラス症候群)の予防について

 先般の大雪により、長時間にわたり車両の立ち往生が発生しました。

 食事や水分を十分にとらない状態で、車などの狭い座席に長時間座っているなどして足を動かさないと、血行不良が起こり、血液が固まりやすくなります。その結果、血の固まり(血栓)が血管の中を流れ、肺に詰まって肺塞栓などを誘発する、いわゆるエコノミークラス症候群が発症するおそれがあります。

予防のために心掛けると良いこと

予防のためには、

 1.ときどき、軽い体操やストレッチ運動を行う

 2.十分にこまめに水分を取る

 3.アルコールを控える。できれば禁煙する

 4.ゆったりとした服装をし、ベルトをきつく締めない

 5.かかとの上げ下ろし運動をしたり、ふくらはぎを軽くもんだりする

 6.眠るときは足を上げる

などを行いましょう。

エコノミークラス症候群の予防のために(PDF:832.2KB)

お問い合わせ
健康福祉部 健康づくり推進課 健康管理係
郵便番号585-0014
大阪府南河内郡河南町大字白木1371番地(かなんぴあ内)
電話番号:0721-93-2500(内線:61-123・61-124)
ファックス番号:0721-90-3288
E-mail:kenkou@town.kanan.osaka.jp
お問い合わせフォーム

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。