ひとり親家庭医療費助成

 ひとり親家庭に対し、医療費の一部を助成することにより、生活の安定と児童の健全な育成を図ることを目的としています。

助成の対象

入院・通院・調剤等にかかる保険適用の医療費

訪問看護ステーションが行う訪問看護(保険適用分)

助成の対象外

  1. 健康保険が適用されないもの(健康診断、薬の容器代、差額ベッド代など)
  2. 学校や保育園・幼稚園の管理下で起こった怪我などで、日本スポーツ振興センターの災害共済給付受ける場合(災害共済給付が優先されます)
  3. 交通事故など、加害者(第三者)から傷害を受けて医療機関を受診した場合
  4. 精神病床への入院(ただし、平成30年3月31日時点での対象者については、経過措置として平成33年3月31日まで引き続き助成対象となります。)

対象者

河南町に居住し、前年中の所得が所得制限内(児童扶養手当に準ずる)で、次のいずれかに該当する者。

(1) ひとり親家庭の18歳(の誕生日以降最初の3月31日)までの児童
(2) (1)の児童を監護する父または母
(3) (1)の児童を養育する養育者

※裁判所から配偶者暴力等(DV)に関する保護命令が出されたDV被害者を含みます。

ただし、次のいずれかに該当する者は除きます。

  • 生活保護法(昭和25年法律第144号)による被保護者又は中国残留邦人等の円滑な帰国の促進並びに永住帰国した中国残留邦人等及び特定配偶者の自立の支援に関する法律(平成6年法律第30号)による支援給付を受けている者
  • 児童福祉法に基づく措置により医療費の支給を受けている者及び同法第24条の2第1項に規定する指定知的障害児施設等に入所又は入院している者(通所している者を除く。)

 

ひとり親家庭とは

次のいずれかに該当する児童の父または母がその児童を監護する家庭をいいます。

  1. 父母が婚姻を解消した児童(事実上の婚姻関係にあった場合を含む)
  2. 父または母が死亡した児童
  3. 父または母が一定の障がいの状態にある児童
  4. 父または母の生死が明らかでない児童
  5. 父または母から1年以上遺棄されている児童
  6. 父または母が法令により1年以上拘禁されている児童
  7. 母が婚姻によらないで出産した児童

養育者とは

次のいずれかの児童と同居して、これを監護し、かつ、その生計を維持する者をいいます。

  1. 父母が死亡した児童
  2. 父または母が監護しないひとり親家庭の児童

助成内容

医療機関で「ひとり親家庭医療 医療証」と健康保険証を提示してください。
※「ひとり親家庭医療 医療証」は、大阪府外では使用できません。府外で受診した場合は、保険診察医療費を一旦窓口で負担していただき、後日払い戻しの手続きが必要になります。

種類

自己負担金額

内容・補足

外来受診
(歯科も含む)

医療機関ごと
1日最大500円

※同月3回目以降は0円(全額助成)

  • 外来を受診した場合の保険診療医療費が対象です。
  • 保険診療医療費が500円に満たない場合は、その額が自己負担額となります。

入院

1日 500円

※同月3回目以降は0円(全額助成)

  • 入院した際の保険診療医療費が対象となり、検査・手術費用も含まれます。
  • 差額ベッド代や診断書の作成等の保険適用外は、助成の対象になりません。

調剤薬局

0円
(全額助成)

  • 外来受診によって処方された保険適用分の薬が対象となります。

治療用装具

0円
(保険適用の範囲内で全額助成)

  • 怪我や病気などの治療のため、医師の指示に基づいて装具を作製した場合に、保険適用の範囲内で助成します。(弱視用メガネ・コルセット・義足 等)
  • まずは健康保険組合などに払い戻しの手続きを行ってください。健康保険適用額の助成を受け、残りの自己負担額(2割または3割相当額)を町が助成します。
  • 同じ医療機関でも、「入院」と「通院」の日数は別カウントになります。
    また、同じ医療機関で「歯科」と「それ以外の診療科」にかかった場合も、同様です。
  • 1ヶ月の間に複数の医療機関を受診し、支払った自己負担金が2,500円を超えた場合、払い戻しの手続きにより、超過分の金額を助成します。(ただし、一部自己負担額は個人単位で計算し、世帯の合算は行いません。)

払い戻しの手続き 

 大阪府外で医療機関を受診した場合などは、以下のものを役場こども1ばん課までお持ちください。医療機関で負担した金額とひとり親家庭医療自己負担額の差額を口座振替にて助成します。
 なお、健康保険組合等から高額療養費が支給される場合は、それらを受給してから申請してください。

手続きに必要なもの

  1. 医療機関発行の領収書
  2. 振り込み先のわかるもの
  3. 印鑑
  4. ひとり親家庭医療 医療証、健康保険証
  5. 健康保険組合などが発行した支給決定書(コピー可)
    ※治療用装具など高額療養費に該当する場合、必要です。
  6. 医師が発行した証明書(コピー可)
    ※治療用装具などの場合、必要です。

振り込みについて

  • 毎月末日に受け付けを締め切り、翌月末までに振り込みます。
  • 振り込みの通知はありません。
  • 審査などの確認作業のため、振り込みが遅れる場合があります。あらかじめ、ご了承ください。

その他、注意事項

  • 医療機関発行の領収書は、必ず原本を提示してください。助成申請済みであることを示すスタンプを押印のうえ、領収書はお返しします。
  • 払い戻しの有効期間は、5年間です。
    ただし、診療当時に助成の対象でない場合、払い戻しはできません。
お問い合わせ
教・育部 こども1ばん課 子育て応援係
郵便番号585-8585
大阪府南河内郡河南町大字白木1359番地の6
電話番号:0721-93-2500(内線:161・162)
ファックス番号:0721-93-7560
E-mail:kodomo@town.kanan.osaka.jp
お問い合わせフォーム