現在の位置

農事組合法人かなんがディスカバー農山漁村(むら)の宝に選定されました

 令和元年10月21日(月)に総理大臣官邸で開催された「ディスカバー農山漁村の宝」(第6回選定)第3回有識者懇談会において、農事組合法人かなん(道の駅かなん)が、第6回選定の31地区のうちの1地区として選定されました(応募総数931件)。
 「ディスカバー農山漁村の宝」とは、「強い農林水産業」、「美しく活力のある農山漁村」の実現のため、農山漁村の有するポテンシャルを引き出すことにより地域の活性化、所得向上に取り組んでいる優良事例を選定し、全国に発信する国の取り組みです。
 12月3日(火)に総理大臣官邸で選定証授与式および交流会が開催され、農事組合法人かなん須原代表理事へ選定委員で有識者懇談会の林良博座長から選定証が授与されました。
 交流会では、グランプリおよび準グランプリが発表されました。惜しくも受賞は逃しましたが、大阪府内の団体が「ディスカバー農山漁村の宝」に選定されるのは、過去5回分も含めて2例目になります。
 須原代表理事は「道の駅かなんでのこれまでの取り組みが評価されてうれしい。」と話しました。石原駅長は「今後も新鮮な地場産野菜の販売や、地元の小学生への食育、府内の大学との連携など、南河内地域全体の農業の活性化につなげていきたい。」と今後の意気込みを語りました。

授与式

お問い合わせ
まち創造部 環境・まちづくり推進課
〒585-8585
大阪府南河内郡河南町大字白木1359番地の6
電話番号:0721-93-2500(内線:280・281・282)
ファックス番号:0721-93-4691
E-mail:machidukuri@town.kanan.osaka.jp
お問い合わせフォーム