現在の位置

クビアカツヤカミキリに注意!~ウメ・モモ・サクラなどの樹木を食害し枯死させます~

クビアカツヤカミキリは、平成30年1月15日から「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律(外来生物法)」に基づく特定外来生物に指定されています。そのため、飼養(飼育)や保管、輸入、販売、譲り渡し、野外へ放つことが禁止されています。

クビアカツヤカミキリの発生状況

平成24(2012)に愛知県で発見されてから、栃木県、群馬県、埼玉県、東京都、大阪府、徳島県で確認されました。

大阪府では、大阪狭山市、堺市、富田林市、羽曳野市、河内長野市で確認されています。

町でも、平成29(2017)から一部の地区で発生が確認されました。

クビアカツヤカミキリ(成虫)

クビアカツヤカミキリの特性や生態

成虫の体長は3~4cmで、全体は光沢がある黒色で、首の周りだけが赤くなっています。
成虫は、ウメやモモ、カキ、サクラなどのバラ科の樹木に卵を産み付けます。

産み付けられた卵は、10日ほどで孵化(ふか)して幼虫となり、幼虫は、樹木内部を食い荒らしながら、2~3年かけて成長し、5~8月ごろに成虫となって、卵を幹や主枝の割れ目に産み付けます。

幼虫が入り込んだ樹木からは、大量のうどん状のフラス(幼虫のフンと木くずが混ざったもの)が排出され、被害が進むと、枝が枯れ落ちたり、樹木自体が倒れる恐れがあります。

幼虫が出すフラス(幼虫のフンと木くずが混ざったもの)

クビアカツヤカミキリからの被害を食い止めるためには

ご家庭の庭木などでフラスを見つけたり、成虫を見つけた場合は

幼虫が潜んでいる食入孔のフラスを長い針金等でかき出してから、千枚通しや針金で中の幼虫を刺殺するか、市販されている薬剤(ロビンフッドやキンチョールE、ベニカカミキリムシエアゾールなど)のノズルが付いている殺虫剤で幼虫に直接届くように噴射する。

フラスをきれいにかき出さないと、薬剤が幼虫まで届かないため、殺虫できません。

また、成虫を見つけた場合は、捕まえて虫かごに入れて飼ったり、保管することはせず、その場で踏みつぶしたり、殺虫剤をかけて殺虫してください。

防除ネットを巻く場合は、樹木自体にネット(目合い4~5mm)を2重に巻き付けて、幼虫が成虫となっても、他の木に飛び立たないようにし、ネット内で成虫を見つけた場合は、たたきつぶすなどして殺虫してください。

ネットを巻き付けた状態

詳しい方法などは、独立行政法人大阪府立環境農林水産総合研究所のホームページに掲載されています「クビアカツヤカミキリ被害対策の手引書(暫定版)」をご覧ください。

http://www.kannousuiken-osaka.or.jp/portal_info/doc/2018020500033

町では、被害があった一部樹木について、薬剤注入やネットの巻き付けなどの対策を行い、被害拡大の防除に努めています。

被害拡大予防対策

被害予防対策の掲示

詳しいお問い合わせ

【外来生物法・特定外来生物に関すること】

・環境省近畿地方環境事務所 環境共生課 電話:06-4792-0706

・大阪府環境農林水産部みどり推進室みどり企画課 電話:06-6210-9557

・大阪府南河内農と緑の総合事務所みどり環境課 電話:0721-25-1131

 

【農地や果樹園での被害に関すること】

・大阪府環境農林水産部農政室推進課病害虫防除グループ 電話:072-957-0520 

・河南町まち創造部環境・まちづくり推進課 電話:0721-93-2500

お問い合わせ
まち創造部 環境・まちづくり推進課
〒585-8585
大阪府南河内郡河南町大字白木1359番地の6
電話番号:0721-93-2500(内線:280・281・282)
ファックス番号:0721-93-4691
E-mail:machidukuri@town.kanan.osaka.jp
お問い合わせフォーム