高貴寺

高貴寺

歴史

高貴寺

役行者の開基で真言宗金剛寺末の名刹。弘法大師空海も安居したといわれています。

中世には寺運大いに栄え、後に元弘の変の兵火で一時衰えましたが、安永年中、高僧慈雲尊者が復興。

尊者の学は儒仏をきわめ、晩年には葛城神道を創唱しました。

文化財

数多くの寺宝を蔵し、境内には尊者の墓や見事なシダレ桜、石造十三重塔と石造宝篋印塔があります。

境内は府指定史跡。

アクセス

近鉄長野線「富田林」駅から
金剛バス平石行終点下車
(富田林駅から約25分)徒歩約15分

地図情報