現在の位置

壹須何神社

一須賀神社

祭神

一須賀神社

延喜式にも見える古社で、祭神は、はじめは蘇我氏の本支族がその祖廟として「宗我石川禰」をまつったといわれています。
その後、大巳貴命(おおなむちのみこと)、天照大神、天児屋根命(あめのこやねのみこと)、品陀別命(ほんだわけのみこと)の4神をまつり、「天神様」といわれていました。

祭り

秋祭りでは、周辺地区のだんじりがここに宮入りし、一同に集まります。

天正17年(1589)石川郡代官伊藤加賀守秀盛が奉納した湯釜が宝蔵されています。
神殿は江戸初期のもの。

アクセス

近鉄長野線「富田林」駅から
金剛バス東山行「一須賀」下車
(富田林駅から約10分)徒歩約5分

地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)