予防接種

こどもの予防接種

 赤ちゃんは病気に対する抵抗力(免疫)は生後12ヶ月までにほとんどが自然に失われていきます。そのため、赤ちゃん自身で免疫をつくって病気を予防する必要があります。その助けとなるのが予防接種です。
 病気が流行することを防ぐとともに、予防接種を受けた本人が病気にかかっても重くならないようにすることができます。
 河南町では、予防接種は医療機関で受けていただく個別接種で行っています。(無料)
 予診票等は各医療機関、健康づくり推進課にありますので、事前にお問い合わせください。
※各医療機関は下記をクリックしてください。

予防接種実施医療機関(PDF:194.6KB)

ヒブワクチン

生後2か月~7か月未満

(初回) 27日以上の間隔をおいて3回接種
(追加) 初回終了後7か月~13か月の間に1回接種

生後7か月~1歳未満

(初回) 27日以上の間隔をおいて2回接種
(追加) 初回終了後7か月~13か月の間に1回接種

1歳~5歳未満     

1回接種のみ 

 

小児用肺炎球菌

生後2か月~7か月未満 

(初回)27日以上の間隔をおいて3回接種
(追加)初回終了後60日以上の間隔をおいて(標準として12~15か月齢で)1回接種 

生後7か月~1歳未満  

(初回)27日以上の間隔をおいて2回接種
(追加)初回終了後60日以上の間隔で12か月以降に1回接種

1歳           

60日以上の間隔をおいて2回接種

2歳~5歳未満  

1回接種のみ    

 

四種混合(ジフテリア・百日せき・破傷風・不活化ポリオ)

1期初回 

生後3か月~7歳6か月未満に20日以上の間隔をおいて3回接種

1期追加

生後3か月~7歳6か月未満に1期初回3回目接種後、6か月以上の間隔をおいて1回接種

 

BCG(結核)

生後3か月~1歳未満に1回接種

 

水痘(みずぼうそう)

1歳~3歳未満に2回接種
1回目は、1歳~1歳3か月、2回目は、1回目終了後3か月以上おいて1回接種

 

B型肝炎(平成28年10月1日から定期化)

対象者

平成28年4月1日以降に生まれた人

生後2か月~1歳未満

1回目は、生後2か月
2回目は、1回目終了後4週(中27日)以上の間隔をおいて1回接種(生後3か月頃)
3回目は、1回目終了後20週(中139日)以上の間隔をおいて1回接種(生後7~8か月頃)

B型肝炎予防接種実施医療機関(PDF:128.9KB)

 

麻しん風しん混合(MR) 

1期  

1歳~2歳未満に1回接種  

2期

 小学校就学前1年間に1回接種
※接種年齢で接種出来なかった人は、経過措置がありますので、お問い合わせください。

 

日本脳炎

1期初回 

3歳~7歳6か月未満に6日以上の間隔をおいて2回接種

1期追加  

3歳~7歳6か月未満に1期初回2回目接種後、概ね1年後に1回接種

2期    

9歳~13歳未満に1回接種
※平成8年4月2日~平成19年4月1日生まれの人で日本脳炎1期・2期に未接種及び不足分がある人は、20歳まで定期接種として接種できます。
※平成19年4月2日~平成21年10月1日生まれの人は、2期対象期間(9歳~13歳未満)に、日本脳炎ワクチンの定期接種(1期)不足分を受けることがでます。
詳しくはお問い合わせください。

 

二種混合(ジフテリア・破傷風)

2期 

11歳~13歳未満に1回接種

 

子宮頸がん予防ワクチン

小学校6年生~高校1年生相当の女子に3回接種(ワクチンの種類により間隔が異なります)
※現在、積極的勧奨は行っていません。

 

任意予防接種

ロタウイルス、B型肝炎、おたふくかぜの任意の予防接種費用の助成について

平成27年4月から、ロタウイルス、B型肝炎、おたふくかぜの任意の予防接種費用の助成を行っています。対象となる年齢や接種回数を確認のうえ接種してください。詳しくはこちらをご覧ください。
※B型肝炎の予防接種費用の助成については、平成29年3月31日までの接種で終了します。助成費用の申請については、接種日より1年以内です。

ロタウイルス、B型肝炎、おたふくかぜの予防接種費用の助成について(PDF:198.1KB)

予防接種費用助成申請書(PDF:117.9KB)

 

 

おとなの予防接種

 河南町では、次の予防接種を医療機関で行っています。
 予防接種を希望する場合は、対象者や費用、手続方法等が異なりますので、各内容を確認し、事前に医療機関へ予約をしてから接種してください。
※各医療機関は下記をクリックしてください。

予防接種実施医療機関(PDF:194.6KB)

 

抗体価の低いおとなの風しん予防接種費用の一部助成を行っています。

助成対象者や書類を確認のうえ、接種してください。
詳しくはこちらをご覧ください。

抗体価の低いおとなの風しん予防接種費用の助成について(PDF:113.6KB)

おとなの風しん予防接種費用助成申請書(PDF:82.4KB)

 

高齢者インフルエンザ

対象

1又は2の人で、年に1回限りです。

1.接種日に65歳以上の人
2.接種時に60歳~65歳未満の人で、心臓、腎臓又は呼吸器の機能及び免疫不全ウイルスにより免疫の機能に障がいを有し、日常生活は極度の制限又は不可能な程度で希望する人(身体障害者手帳1級もしくは同程度)

費用 

1,000円(医療機関で支払)

期間 

毎年 10月1日から1月31日まで

 

高齢者の肺炎球菌

対象(事前に申請が必要です)

1又は2で、町の助成制度を受けて接種していない人(生涯1回限りの助成です。)

1.昭和27年4月1日以前の生まれの人
2.接種時に60歳から65歳未満の人で、心臓、腎臓又は呼吸器の機能及び免疫不全ウイルスにより免疫の機能に障がいを有し、日常生活は極度の制限又は不可能な程度で希望する人(身体障害者手帳1級もしくは同程度)

費用  

3,000円(医療機関で支払)

期間 

通年

申請方法

接種前に必ず健康づくり推進課で申請が必要です。
健康保険証又は介護保険証など河南町に住民登録があることが確認できるもの、印鑑を持参してください。

 

お問い合わせ
健康福祉部 健康づくり推進課 健康管理係
郵便番号585-0014
大阪府南河内郡河南町大字白木1371番地(かなんぴあ内)
電話番号:0721-93-2500(内線:61-123・61-124)
ファックス番号:0721-90-3288
E-mail:kenkou@town.kanan.osaka.jp
お問い合わせフォーム

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。