現在の位置

個人町民税・府民税

毎年1月1日現在、町内に住んでいる人や、町内に事務所などのある人に課税します。また、府民税は町民税と合わせて課税します。

申告と納付

普通徴収

前年中に所得のあった人は2月16日から3月15日までに申告してください。申告後、税額を計算し、納税通知書を毎年6月に送付しますので、各納期限内(6月、8月、10月、翌年1月)に納付してください。

特別徴収

サラリーマンの人は、給与などを支払う会社が毎月、給与から差し引いて、1年分の税金を6月から翌年の5月まで、年12回に分けて納めていただきます。

事業主の皆さまへ 従業員の方の個人住民税は特別徴収で納めましょう!(PDF:962.6KB)

公的年金等からの特別徴収

平成21年10月以降に支払われる公的年金等(国民年金、厚生年金、共済年金等)から町・府民税を引き落とし(特別徴収)しています。

対象者

 町民税・府民税の納税者のうち、前年度中に公的年金の支払いを受けた人で、当該年度の4月1日において、国民年金法に基づく老齢基礎年金等の支払いを受けている65歳以上の人。
 ただし、次の方は特別徴収の対象となりません。

  • 老齢基礎年金などの年額が18万円未満の人
  • 介護保険の特別徴収対象被保険者でない人
  • 当該年度の特別徴収税額が老齢基礎年金額を超える人
  • 1月2日以降、町外に転出した人、等

申告の必要がない人

  • 給与所得者で勤務先から税務課へ給与支払報告書の提出があり、他に所得がない人
  • 所得税の確定申告書を提出した人

税額

均等割額と所得割額の合計額です。

均等割

平成25年度まで          4,000円(町民税3,000円、府民税1,000円)
平成26年度から平成27年度まで  5,000円(町民税3,500円、府民税1,500円)
平成28年度から平成31年度まで  5,300円(町民税3,500円、府民税1,800円)
平成32年度から平成35年度まで  5,000円(町民税3,500円、府民税1,500円)

 
  • 東日本大震災からの復興に関し、全国的に、かつ、緊急に地方公共団体が実施する防災のための施策に要する費用の財源確保の臨時措置として平成26年度から平成35年度までの10年間に限り、町民税・府民税の均等割の標準税率にそれぞれ500円が加算されます。
  • 大阪府では、平成28年度から平成31年度までの4年間、森林の有する公益的機能を維持増進するための環境の整備に係る施策に必要な財源(森林環境税)を確保するため、府民税均等割に300円加算されます。

 

所得割

課税所得金額(前年中の所得金額-所得控除額)×税率-税額控除=所得割額

町民税を納める人(納税義務者)
個人町民税・府民税の納税義務者は、次のとおりです。

個人町民税・府民税の納税義務者の税額
 納税義務者 均等割 所得割
町内に住所を有する個人 割額有り 割額有り
町内に事務所・事業所又は家屋敷を有する個人で、河南町内に住所を有しない個人 割額有り 割額無し
  • 町内に住所があるか、あるいは事務所などがあるかどうかは、その年の1月1日現在の状況で判断されます。
  • 住民税は前年の所得を要件に課税されます。

町民税が課税されない人

均等割も所得割もかからない人

  • 賦課期日(1月1日)現在、生活保護法によって生活扶助を受けている人
  • 障がい者、未成年者、寡婦又は寡夫で前年中の所得金額が125万円以下であった人

均等割がかからない人

前年中の所得金額が、扶養親族のいない場合は28万円以下、
扶養親族のある場合は28万円×(本人+控除対象配偶者+扶養親族数)+17万円以下の人

所得割がかからない人

前年中の所得金額が、扶養親族のいない場合は35万円以下、
扶養親族のある場合は35万円×(本人+控除対象配偶者+扶養親族数)+32万円以下の人

お問い合わせ
住民部 税務課
〒585-8585
大阪府南河内郡河南町大字白木1359番地の6
電話番号:0721-93-2500(内線:141・143・144)
ファックス番号:0721-93-4691
E-mail:zeimu@town.kanan.osaka.jp
お問い合わせフォーム

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。