現在の位置

飼い犬に必要な手続きについて

狂犬病予防法に基づいて、生後91日以上の犬は、飼い犬の登録(生涯1回)と狂犬病予防注射の接種(年1回)が義務づけられています。また、登録・注射をした犬は、鑑札と注射済票を首輪等につけることが義務づけられています。

飼い犬の登録と狂犬病予防注射

飼い犬は、必ず登録(生涯1回)をしてください。随時、住民生活課で行っています。また、狂犬病予防注射(年1回)を行ってください。集団予防注射は4月中旬ごろ各地区の公園、集会所などで行っています。

狂犬病予防接種は、かかりつけの動物病院などで受けることも可能です。その場合は、予防接種時に獣医師が発行する「狂犬病予防注射済証」を持って、住民生活課で注射済票の交付を受けてください。

参考

  • 飼い犬登録手数料:3,000円(1頭当り)
  • 注射済票交付手数料:550円(1頭当り)
  • 犬の登録や注射済票の交付は、町内の動物病院でも受けることができます。(当該動物病院で狂犬病予防接種を受けた場合に限る。)

 (その他狂犬病予防注射代金がかかります。)

犬の登録事項の変更(飼い主の住所氏名の変更)

飼い犬の登録は、全国どこでも生涯その登録が有効となります。
飼い主の氏名や飼い犬の名前が変わった場合、飼い主が変わった場合、住所地が変わった場合(転居した場合)は変更の手続きが必要です。
変更の届出はお住まいの(転居先の)狂犬病予防担当部署で行ってください。
河南町に転入されてきた方は、住民生活課衛生係の窓口で手続きしてください。

変更手続きに必要なもの

  • 前の住所地で発行された鑑札
  • その年度に発行された狂犬病予防注射済証明書
  • 前の住所地で注射済票を受け取っている場合は、その年度の注射済票

前の住所地の鑑札をお持ちいただくと、河南町の鑑札と無償で交換できます。
鑑札を紛失されている場合は、鑑札の再交付手続きが必要になるので、手数料として1,600円かかります。
鑑札の再交付を伴わない変更については、手数料は無料です。
また、前の住所地でその年度の注射済票を受け取っていなかった場合は、同時に交付手続きを行ってください。手数料は550円です。
なお、注射未接種の場合は窓口で申し出てください。

飼い犬が亡くなったら

登録の抹消

登録してある飼い犬が死亡した場合は、登録の抹消手続きが必要です。まずはお電話でお問い合わせください。

遺体の処理

次のページを参照してください。

犬や猫などのペットが死んだら

飼い犬が人を咬んでしまった・犬に咬まれたとき

飼い犬が人を咬んだ場合

まず、咬まれた人の治療が最優先です。咬まれた状況や傷の大小に関わらず、咬まれた人を病院に連れて行きましょう。
咬まれた人の治療が済んだら、飼い主は大阪府動物愛護管理センターまでご連絡ください。
飼い犬が人を咬んだ場合、状況に関わらず、飼い主には条例に基づく、飼い犬の咬傷犬の届出義務が生じます。

犬に咬まれた場合

傷の治療が最優先です。飼い主の連絡先などを確認したうえ、咬まれた状況や傷の大小に関わらず、病院の診察を受けましょう。
届出義務は飼い主に生じますが、飼い主より届出がない場合があります。治療が済んだら、状況に関わらず大阪府動物愛護管理センターまでご連絡ください。

大阪府動物愛護管理センター

  • 住所:羽曳野市尺度53番地の4
  • 電話:072-958-8212

飼い犬が迷子になったら

飼い犬が行方不明になったときは、まず近所やいつもの散歩場所、犬が好んでいる場所を探してください。それと同時に、できるだけ早く町役場と警察署に犬がいなくなった日時場所、特徴などを連絡してください。町役場では、町内で保護された犬に関する情報をお知らせすることができます。また、町民や動物病院などに保護されていることもありますので、心当たりはすべて捜してみましょう。
犬に鑑札や注射済票をつけておくと、保護された場合に町役場から登録されている飼い主さんへ連絡をすることができます。迷子になった時のためにも、鑑札や注射済票は必ず犬につけておきましょう。
犬を見ないで、自分の飼い犬の特徴を正確に言える人は意外と少ないものです。いざというときのために、写真や記録を残しておきましょう。

お問い合わせ
住民部 住民生活課 衛生係
〒585-8585
大阪府南河内郡河南町大字白木1359番地の6
電話番号:0721-93-2500(内線:125・126)
ファックス:0721-93-4691
Eメール:jyumin@town.kanan.osaka.jp
お問い合わせフォーム